糖尿病 治療

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!
その効果絶大だった食事法をメールで教えます。詳しくは下部にて…。

合併症1「糖尿病性神経障害」

先にお話ししたように、
高血糖の状態は細胞のタンパク質に重大な変質をもたらします。

 

その細胞の変質で特に影響を受けやすいのが、
第一に血管。そして、神経です。

 

細胞の変質により神経に栄養を運ぶ血管が壊れれば、
神経が死んでしまいます。
また、高血糖により神経そのものが破壊されることもあります。

 

これによって様々な神経障害を発症します。

 

・自律神経障害

胃腸を司る神経に障害が出た場合、便秘や下痢がおこることがあります。

 

また、汗をかく機能に障害が発生した場合、
暑くもないのに異常に汗をかく、もしくは暑くても汗をかかないなどの
発汗障害がみられます。

 

さらに、血圧のコントロールが上手くいかなくなり、たちくらみ(立位性低血圧)が起こる事もあります。

 

そして、男性特有の症状ですが、ペニスの勃起を司る神経に障害が出て、
インポテンツ(勃起不全)となる人も多いのです。

 

・感覚神経障害

体の抹消にある、感覚を司る神経に様々な障害がでることがあります。

 

初期は、足の裏の皮膚の感覚が衰えます。
足の裏に、一枚よけいに皮があるような、
どこを歩いても砂利の上をあるいているような感覚がするという人もいます。

 

さらに進行すると痛みを感じなくなります。
すると、足を怪我した場合もそれに気づかず、
傷口から雑菌が入り、化膿し、
結果足の広範囲が腐ってしまう(壊疽)という症例も頻繁に発生します。
最悪の場合、足そのものを切断することになってしまいます。

 

   ※足の毛細血管が高血糖により破壊されて、傷がなくとも壊死が起こることも
    あります。この場合も重度になると、足の切断が必要になります。

 

さらに、神経痛やしびれが起こったり、こむらがえりをしょっちゅう起こしたり、
顔面の神経や音を聞く神経に麻痺が起こることもあります。

 

 

このように、糖尿病は様々な神経の障害をもたらします。
他にも、インスリン注射が必要な重度の糖尿病患者が、
ある理由で長期間インスリン注射が出来ないと、
高血糖による急性の神経障害として昏睡(意識が無くなる事)に陥る場合もあります。

 

神経障害が合併症として現れた場合、
神経障害を起こす物質を阻害する薬を飲まなくてはならないなど、
糖尿病の治療に合わせて、神経障害の治療も行わなくてはならなくなります。

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!
当サイト運営者の私が、その食事法をメルマガ形式でお送りします。

本日から10日に分けて配信し、徹底的に解説しますのでどうぞご活用ください。
購読は無料です。

あまり広めたくないので読者は100名のみの限定募集です。
本日現在96名が購読しています。

お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
どなたが糖尿病ですか?
(アンケート)
自分  配偶者  親  息子・娘  友人

※いつでも簡単に購読解除できます