糖尿病 治療

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!
その効果絶大だった食事法をメールで教えます。詳しくは下部にて…。

合併症2「糖尿病性網膜症」

網膜とは、目の奥にある、目から入ってきた光を最初に受け取る神経の集まりです。

 

カメラで言うと、フィルムそのものに相当します。

 

当然この網膜も、血管が運んでくる血液により酸素や栄養を補給しています。
ところが、その血管は大変細い毛細血管です。
この毛細血管が高血糖により破壊されるのが、糖尿病性網膜症の始まりです。

 

網膜につながる毛細血管が高血糖の害により破壊されると、
体は、新しい血管(新生血管)を網膜に作ろうとします。
ところが、新生血管は非常に脆く、再び高血糖の害で破壊されます。

 

この血管の新生、破壊が次々に繰り返されると、
徐々に網膜の中で出血が広がり、
やがて網膜自体が破壊されてしまうのです。

 

初期は、視力の低下や物が二重に見えるなどの症状が起こりますが、
進行すると飛蚊症(蚊の様なものが常に飛んでいる様に見える)などが起こり、
やがては、目が痛みだし、眼球が委縮(小さくなる)したり、
失明にいたることもある、恐ろしい症状です。

 

U型糖尿病の人の20%は、診断時にすでに網膜症を発症していると言われ、
20年間糖尿病を患った人では、
U型では60%、T型では100%の人が網膜症にかかるそうです。

 

さらに、人生の途中で失明(中途失明)した人の、
その原因の第2位がこの糖尿病性網膜症だとされています。

 

   ※中途失明原因の第1位は緑内障ですが、その中には糖尿病による血管新生が原因
    の緑内障も含まれています。

 

糖尿病性網膜症になってしまったら、
血管の新生を止めるような手術が必要となる場合が多く、
また、糖尿病の治療そのものが網膜症を悪化させる場合があるなどの学説もあり、
その治療には慎重を期する必要があります。

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!
当サイト運営者の私が、その食事法をメルマガ形式でお送りします。

本日から10日に分けて配信し、徹底的に解説しますのでどうぞご活用ください。
購読は無料です。

あまり広めたくないので読者は100名のみの限定募集です。
本日現在96名が購読しています。

お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
どなたが糖尿病ですか?
(アンケート)
自分  配偶者  親  息子・娘  友人

※いつでも簡単に購読解除できます