糖尿病 治療

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!
その効果絶大だった食事法をメールで教えます。詳しくは下部にて…。

合併症3「糖尿病性腎症」

腎症とは、腎臓に起こる病気です。

 

腎臓とは、血液から老廃物などを取り除き、
血液をきれいにしてまた体内に戻し、老廃物を尿として捨てる大切な臓器です。

 

その役割のため、
腎臓の中身は細い血管が糸の玉の様に集まった糸球体と呼ばれる構造になっています。
細かい血管の網目で老廃物を濾す、フィルターの様なものです。

 

この腎臓の糸球体が、高血糖で破壊されるのが、
糖尿病性腎症です。

 

初期は自覚症状は全くなく、
検査をすると、糸球体が破壊された残骸であるタンパク質が尿から見つかります。

 

しかし、さらに症状が進むと、
腎臓のフィルター機能が破壊され、血液から老廃物を取り除けなくなります。

 

つまり、汚れたままの血液が全身をめぐるようになり、
老廃物はやがて毒素(尿毒)となって全身を犯し、
放っておくと“尿毒症”という死に至る症状を発症します。

 

この様に、腎臓が破壊されてしまうと、
“人工透析”という治療を定期的に施さなければ、すぐに尿毒症になってしまいます。

 

人工透析とは、
体の中の血管を外部の機械につないで、
機械によって血液をきれいにして再び体の中にもどすという治療です。

 

腎臓に障害を持つ人は、
数日ごとにこの人工透析を行わなくては生命を維持できず、
さらに、1回の人工透析には何時間もかかるため、
生活に大きな支障がでます。

 

人工透析を行わなくてはならなくなった人の、
原因の第1位(43%)がこの糖尿病性腎症だと言われています。

 

治療には薬物が用いられますが、
それでも症状が進み、腎臓の障害が重くなると、やがて人工透析が必要となります。

 

ところが人工透析を繰り返すと腎臓が硬く委縮していき、やがて腎臓が機能しなくなり、尿が一滴も出なくなってしまいます。
ここまで病状が進むと人工透析も利かなくなり、腎臓移植しか治療の方法がないということになってしまいます。

 

しかし、日本では臓器提供者が少なく、よって手術例も少ないものとなっています。

 

   ※糖尿病性神経症、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症をもって、
    「糖尿病3大合併症」と言い、糖尿病発症後5年から10年で
    50%の人が発症すると言われています。

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!
当サイト運営者の私が、その食事法をメルマガ形式でお送りします。

本日から10日に分けて配信し、徹底的に解説しますのでどうぞご活用ください。
購読は無料です。

あまり広めたくないので読者は100名のみの限定募集です。
本日現在96名が購読しています。

お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
どなたが糖尿病ですか?
(アンケート)
自分  配偶者  親  息子・娘  友人

※いつでも簡単に購読解除できます