糖尿病 治療

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!
その効果絶大だった食事法をメールで教えます。詳しくは下部にて…。

糖尿病の治療

さて、T型糖尿病はウィルスや先天性の障害により
膵臓でインスリンが作られなくなることが原因であるとお話ししました。

 

膵臓そのものが壊れてしまっているのですから、
その根本治療には、健康な膵臓の移植以外に方法がありません。

 

しかし、膵臓移植には臓器提供者の不足など様々な障壁があり、
その症例数はまだまだ少ないのが現実です。

 

ですので、一般的にはインスリンの投与が主たる治療となります。

 

このインスリンの投与は注射で行います。
日常的に、インスリンの注射が必要となるのです。

 

テレビなどで若年性糖尿病の小さなお子さんが、
自らの腕に注射をする姿を見ると、心が痛みますね。

 

インスリンが命の綱であり、
もし何らかの理由でインスリン注射をすることが出来なかった場合、
急激な高血糖状態がもたらす昏睡(意識を失うこと)が起こることもあります。

 

 

○インスリン注射が必要になる前に…

 

しかし、これはT型糖尿病に限った話ではありません。

 

インスリン分泌低下のU型糖尿病の場合も、
病状が進行すればインスリン注射が必要となるほどに悪化することが多いのです。

 

   ※インスリン抵抗性のU型糖尿病の場合は、経口血糖降下剤などの、
    血糖値を下げる薬が必要になることもあります。

 

著名人・有名人の中にも、
インスリン注射が無くてはもはや生きていけないという人が大勢います。

 

実は、インスリン注射とは糖尿病治療の最終手段なのです。

 

一度インスリンを体の外から入れてしまうと、
体がその状態が通常であり、体内でインスリンを作らなくてもいいと勘違いしてしまい、
ただでさえ衰えていたインスリンの製造を止めてしまうことがあります。

 

つまり、一度インスリン注射をしてしまうと、インスリン依存症と言われる状態となり、
その後も注射でインスリンを補充しなければ生命が保てなくなる可能性が、少なからずあります。

 

ですから、幸いにしてあなたがまだインスリン注射を行っていないならば、
そこに至るまでに糖尿病の進行を遅らせ、
糖尿病を完治させる必要があるのです。

 

その方法とは、
食事療法と運動療法の他にありません。

 

そもそも、食事と運動にこそ、
あなたが糖尿病となってしまった原因があるからです。

 

糖尿病には特効薬は存在しません。
インスリンの投与も、経口血糖降下剤も、
糖尿病に伴う合併症の予防のために行うもので、根本的な治療とは言えません。

 

ガンならば、病原を直接攻撃して取り除く治療法が存在します。
AIDSも、いずれは病原を取り除く特効薬が開発されるかもしれません。
しかし、糖尿病には直接的な病原が存在しません。

 

なぜなら、(特にU型)糖尿病は「生活習慣病」だからです。

 

病原と言えるものは、
あなたがこれまで行ってきた食事と、運動の方法にあるのです。

 

つまり、食事と運動の改善こそが、
糖尿病の「特効薬」であり、「根本的な治療法」なのです。

 

食事の改善と、運動の実施は
インスリン分泌低下とインスリン抵抗性、双方の改善に有効であり、
糖尿病を克服する方法は、この2点をもって以外は存在しません。

 

その理由と方法は、
後のページでくわしくお話しましょう。

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!
当サイト運営者の私が、その食事法をメルマガ形式でお送りします。

本日から10日に分けて配信し、徹底的に解説しますのでどうぞご活用ください。
購読は無料です。

あまり広めたくないので読者は100名のみの限定募集です。
本日現在96名が購読しています。

お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
どなたが糖尿病ですか?
(アンケート)
自分  配偶者  親  息子・娘  友人

※いつでも簡単に購読解除できます