糖尿病 治療

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!
その効果絶大だった食事法をメールで教えます。詳しくは下部にて…。

当カテゴリのまとめ

○食事で摂った細胞のエネルギー=ブドウ糖を、細胞に届けるホルモンが
 インスリンである。

 

○膵臓で作られるインスリンの量が減る(インスリン分泌低下)か、
 細胞がインスリンに反応しなくなる(インスリン抵抗性)ことにより、
 ブドウ糖が適切に利用できなくなる病気が、糖尿病である。

 

○適切に利用できないブドウ糖が血中に溜まる状態を高血糖と言い、
 空腹時血糖値が126r/dl以上で、
 “経口ブドウ糖負荷試験”2時間後の血糖値が200r/dl以上
 (もしくはHbA1cが6.5%以上)ならば糖尿病と診断される。

 

○空腹時血糖が140ml/dl以上200ml/dl未満でも、
 合併症のリスクが高まる“境界型糖尿病”とされ、治療が必要とされる。

 

○高血糖の状態が長く続くと、
 ブドウ糖により血管細胞のタンパク質が変質して様々な合併症が起こる。

 

○糖尿病の合併症には、
 神経の障害をもたらす糖尿病性神経症、失明の危険がある糖尿病性網膜症、
 人工透析が必要になる糖尿病性腎症など三大合併症や、
 大血管が破壊されての脳梗塞、心筋梗塞、足の切断が必要になる壊疽など、
 重大な障害や命にかかわるものが多い。

 

○糖尿病には、
 ウィルスや先天性の障害が原因でインスリンが作れなくなるT型と、
 生活習慣が原因で発症するU型があり、
 我が国の糖尿病患者の95%はU型である。

 

○U型糖尿病は、生活習慣の改善以外に治療法は無い。

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!
当サイト運営者の私が、その食事法をメルマガ形式でお送りします。

本日から10日に分けて配信し、徹底的に解説しますのでどうぞご活用ください。
購読は無料です。

あまり広めたくないので読者は100名のみの限定募集です。
本日現在96名が購読しています。

お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
どなたが糖尿病ですか?
(アンケート)
自分  配偶者  親  息子・娘  友人

※いつでも簡単に購読解除できます