糖尿病 治療

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!
その効果絶大だった食事法をメールで教えます。詳しくは下部にて…。

高カロリー摂取と糖尿病

糖尿病の原因のひとつとして、世間一般で言われているのが、
摂取カロリーが高すぎること。

 

つまり、「食べ過ぎ・飲み過ぎ」です。

 

高カロリーの食べ物や飲み物を摂りすぎてしまい、
体の中の血糖値が急激に上昇します。

 

すると、血糖値を下げる為に、大量のインスリンが必要となり、
膵臓のランゲルハンス島でたくさんのインスリンが作られ、分泌されます。

 

しかし、
インスリンを受け取って糖を消費する為の入り口(受容体)の数は限られています。

 

ですから、あまりに血糖値が高い状態になると、受容体の数が足りなくなり、
いくらインスリンが分泌されても血中のブドウ糖が消費されません。

 

すると、血中に余ったインスリンが溜まる(高インスリン血症)ことになります。

 

この様な状態が続くと、インスリンを受け取る受容体の数が減り、
さらに血液中に消費されないブドウ糖が溜まることになります。
(インスリン抵抗性による高血糖)

 

そして、やがてはインスリンを作る細胞(β細胞)が疲弊して壊れ、
作られるインスリンの量自体が減っていきます。
(インスリン分泌低下による高血糖)

 

この様な悪循環によって、血糖値が高くなっていくと言われています。

 

さらに、高カロリー食を取った上であまり運動をしないと、
“肥満”という結果になります。

 

この“肥満”も、糖尿病を発症させる原因の一つとされています。

 

○肥満と糖尿病

体に取り込まれた余分なブドウ糖は、
脂肪細胞に取り込まれると脂肪として蓄積されます。

 

長い間何も食べられない状態(飢餓状態)が起こった場合、
生命維持のために脂肪を分解してエネルギーを作り出す必要があります。

 

その時に備えて、エネルギーとして使われなかったブドウ糖は、
脂肪の形で蓄えられるのです。

 

しかし、エネルギーを蓄えたはいいけれども、
その在庫(脂肪)を処分する機会(飢餓状態)はなかなか訪れません。

 

そればかりか、
現代人は文明の力によって運動量が少なくなったのに、
それ以上に高カロリーを摂取してしまいます。

 

売上(カロリー消費)が少ないのに、
仕入れ(カロリー摂取)ばかり行っているために、
倉庫(脂肪細胞)の中に、在庫(脂肪)がどんどん増えていくという状態ですね。

 

すると、脂肪細胞は蓄えた脂肪の為に、どんどん肥大化します。

 

これが、肥満の状態です。

 

そして、肥大化した脂肪細胞は、
TNF-α、インターロイキン6、レジスチンなどのサイトカインと呼ばれる物質を作ります。

 

実は、これらはインスリンの効き目を弱くしてしまう物質なのです。

 

つまり、肥満をすると、インスリンの効き目が弱くなってしまうということです。

 

この様に、「高カロリー摂取と、それを消費できないほどの運動不足」。
これらが、糖尿病原因の両輪と言われているのです。

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!
当サイト運営者の私が、その食事法をメルマガ形式でお送りします。

本日から10日に分けて配信し、徹底的に解説しますのでどうぞご活用ください。
購読は無料です。

あまり広めたくないので読者は100名のみの限定募集です。
本日現在96名が購読しています。

お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
どなたが糖尿病ですか?
(アンケート)
自分  配偶者  親  息子・娘  友人

※いつでも簡単に購読解除できます