糖尿病 治療

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!
その効果絶大だった食事法をメールで教えます。詳しくは下部にて…。

当カテゴリのまとめ

○高カロリー食の摂取は、インスリンの分泌過多を招き、
 インスリン産生機能の疲弊や、インスリン受容体の現象を招き、糖尿病の原因となる。

 

○また、脂肪細胞が肥大する(肥満)と、脂肪細胞からインスリンの作用を
 阻害する物質が分泌される。従って、肥満も糖尿病の原因となる。

 

○化成肥料を与えた土壌では植物の根が育たず、植物がミネラルなどを
 十分吸収できない。従って、化成肥料を使った現代の多くの野菜は
 ミネラル不足である。

 

○ミネラルは、体内で糖燃焼などの化学反応の触媒である酵素の原料であり、
 ミネラル不足の野菜の摂取は酵素の不足をも招き、糖燃焼が不全となり、
 これも糖尿病の要因となる。

 

○さらに、現代の野菜には乾燥に対抗するためのホルモン“アブシジン酸”が
 多く含まれている。このアブシジン酸は、人間の体内で活性酸素を大量発生させる。この活性酸素が膵臓のβ細胞を破壊して糖尿病の原因となる。

 

○玄米に含まれるフィチンには、様々なミネラルが吸着している。
 フィチン自体は体に吸収されない物質であり、
 かつ、フィチンを長く摂取すると体内のミネラルも排出されてしまう。
 従って、玄米食は体に良くない。

 

○玄米を発芽させると、フィチンがビタミンB5の元であるフィチン酸となり、
 ミネラルも体に吸収されるようになるので、玄米の害は軽減される。
 しかし、従来の発芽玄米は商品とするため乾燥させてしまい、
 アブシジン酸が増えているので、これもまた体に良くない。

 

○日本人の体内では、肉、牛乳、卵を消化できない。
 肉を食べるとタンパク質のまま吸収されてしまい、それがアレルゲンとなり、
 活性酸素を発生させる。これも糖尿病を引き起こす原因である。

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!
当サイト運営者の私が、その食事法をメルマガ形式でお送りします。

本日から10日に分けて配信し、徹底的に解説しますのでどうぞご活用ください。
購読は無料です。

あまり広めたくないので読者は100名のみの限定募集です。
本日現在96名が購読しています。

お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
どなたが糖尿病ですか?
(アンケート)
自分  配偶者  親  息子・娘  友人

※いつでも簡単に購読解除できます