糖尿病 治療

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!
その効果絶大だった食事法をメールで教えます。詳しくは下部にて…。

インスリン・グルカゴンが“全ての鍵”

インスリンとは、膵臓(すいぞう)という臓器の“ランゲルハンス島”という部分にあるB細胞で作られ分泌されるホルモンで、高い血糖値を下げる働きがあります。

 

グルカゴンとは、膵臓(すいぞう)という臓器の“ランゲルハンス島”という部分にあるA細胞で作られ分泌されるホルモンで、低い血糖値を上げる働きがあります。

 

糖尿病において重要なのはインスリンです。
このインスリンが細胞膜のブドウ糖の入り口を開けるカギなのです。

 

インスリンがその入り口を開けることで、ブドウ糖が細胞内に取り込まれ、エネルギーとして利用できるようになります。

 

では、そのインスリンが作られなくなったり、カギとして機能しなくなったらどうなるのでしょう?
それが、“糖尿病”という病気です。

 

なんらかの原因(原因については後ほど詳しくお話します)で、
膵臓のランゲルハンス島にある細胞(β細胞)が破壊されてインスリンが作られなくなったり、体内の細胞にあるインスリンと言うカギが刺さる「鍵穴」(インスリン受容体と言います)が壊れてしまったりする病気が、糖尿病です。

 

せっかく食事をしてブドウ糖を補給したとしても、
それをエネルギーにすることが出来なかったら、細胞は元気に動くことはできませんよね。

 

そうでなくても、食べ物から吸収されたブドウ糖が、
利用されずに血液中にどんどん溜まっていくことになります。

 

これが、高血糖という状態です。

 

血液は、腎臓の糸球体で濾過され、生体に必要な物質は血管に戻されます。そして、それ以外の物質は尿管上皮細胞に送られ、膀胱を通しておしっこの中に捨てられます。

 

血液中に溜まった利用されないブドウ糖の様な、過剰に血液中に含まれていた物質
も同様におしっこの中に捨てられるのです。
これが、尿の中に糖が含まれて「おしっこが甘くなる=糖尿」という症状です。

 

しかし、高血糖の状態が続くと、
それ以上に恐ろしいことが体の中で起こってきます…。

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!
当サイト運営者の私が、その食事法をメルマガ形式でお送りします。

本日から10日に分けて配信し、徹底的に解説しますのでどうぞご活用ください。
購読は無料です。

あまり広めたくないので読者は100名のみの限定募集です。
本日現在96名が購読しています。

お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
どなたが糖尿病ですか?
(アンケート)
自分  配偶者  親  息子・娘  友人

※いつでも簡単に購読解除できます