糖尿病 治療

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!
その効果絶大だった食事法をメールで教えます。詳しくは下部にて…。

糖尿病の診断

○我が国での糖尿病の検査は…

日本糖尿病学会が1999年に策定した診断基準によると、

 

空腹時(何も食べていない時)の血糖値が110r/dl未満ならば正常
                   126r/dl未満ならば“境界値”
                   126r/dl以上ならば糖尿病型
と、診断され、「糖尿病の疑いあり」と言われます。

 

ただし、これだけで糖尿病とは断定されません。

 

さらに、この後“経口ブドウ糖負荷試験”という検査を行います。
これは75gのブドウ糖を摂取して、2時間後の血糖値を再び調べます。

 

その結果、血糖値が140r/dl未満ならば正常
         200r/dl未満ならば“境界型”もしくは“対糖能異常”
         200r/dl以上ならば糖尿病型と診断されます。

 

そして、この様な一連の血糖値検査を2回繰り返して、
2回とも“糖尿病型”という結果がでたなら、
「あなたは糖尿病です」と言われることになります。

 

また、1回だけの検査でも、
「口がかわく」「喉が渇き、異常に水分を飲む」「糖尿病型網膜剥離がある」など
(詳しい症状はまた後の項で解説します)
糖尿病に特有の症状がある場合は即座に糖尿病と診断することもあります。

 

さらに、高血糖に加え、血液検査で出てくるHbA1cという値が、
6.5%以上である場合も、1回だけの検査で糖尿病と診断することがあります。

 

このHbA1c(ヘモグロビンA1c)とは、
血液中のヘモグロビン(酸素を運ぶ物質)が糖と結合したものであり、
過去に血液中にどのくらい糖があったかを示す値で、
血糖値と共に糖尿病の診断に用いられます。

 

このHbA1cが血液中に5.8%以下存在する状態が正常値とされ、
6.5%以上だと糖尿病の疑いありと、診断されます。

 

○「境界型糖尿病」とは?

さて、先ほどの診断基準に出てきた
「境界型(あるいは対糖能異常)とは何だ?」と、疑問に思われた方もいるでしょう。
もしくは、あなたは「境界型糖尿病」と言われたのではありませんか?

 

これは、かつては「糖尿病予備軍」と言われたものです。
つまり、「糖尿病ではないが、血糖値が高く、糖尿病一歩手前」の状態にあることです。

 

「なんだ、糖尿病じゃないのか」と安心してはいけません。
前にお話しした様に、高血糖の状態は体に深刻な悪影響をもたらします。

 

ですので、空腹時血糖値が140ml/dl以上200ml/dl未満の人も
正常な人より脳梗塞や心筋梗塞などのリスクは高いと言うことができます。

 

従って、現在は空腹時血糖値140ml/dl以上200ml/dl未満の人も、
「境界型糖尿病」として治療が必要だと言われます。
つまり、空腹時血糖値が140ml/dl以上の人は
「糖尿病と闘わねばならない人」と言う事ができます。

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!
当サイト運営者の私が、その食事法をメルマガ形式でお送りします。

本日から10日に分けて配信し、徹底的に解説しますのでどうぞご活用ください。
購読は無料です。

あまり広めたくないので読者は100名のみの限定募集です。
本日現在96名が購読しています。

お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
どなたが糖尿病ですか?
(アンケート)
自分  配偶者  親  息子・娘  友人

※いつでも簡単に購読解除できます